Web3×NFT
新世代ブロックチェーン
世界を一つに、
新世代のブロックチェーンSYNCHAINで

ブロックチェーン

NFTの解決されていない課題

NFT

次の3つの課題は未解決のままです。

  • 1.ハッキングのリスクがある
  • 2.手数料の高騰
  • 3.プラットフォームでデータ管理

SYNCHAINとは

これまでのNFTの概念を
超越したブロックチェーンです。
次の4つの特徴があります。

  • 1.強固なセキュリティ
  • 2.低コストで運用可能
  • 3.高速トランザクション
  • 4.ユーザーがNFTを管理
NFT

SYNCHAINの特徴

収益性(取引コストの低減)

量子コンピュータ耐性

NFTマーケットプレイスは、様々なハッキングのリスクがあります。OpenseaのNFT流出やアクシーインフィニティのハッキングなど。SYNCHAINは高セキュリティ環境を構築することに成功しました。そのため、量子コンピュータ耐性や中間者攻撃を防ぐことができます。

利便性

低コストで運用可能

SYNCHAINは分散型ストレージを併用して運用が可能なため、限りなくコストを抑えたアプリケーションの運用が可能です。そのため、SYNCHAINで開発したNFTプラットフォームは、手数料ゼロでの運用も可能です。

24時間取引が可能

高速トランザクション

低スペックのサーバーでも、0.2~0.3秒のトランザクションスピードを実現しました。

信用と透明性の保全

ユーザーがNFTを管理可能

SYNCHAINを利用しているアプリケーションでは、ユーザーは自身の情報を公開するかどうかを選択することが可能になります。これにより、Web3時代のプライバシー保護を完全に実現することが可能です。プライバシーだけではなく、NFTデータについてもユーザー自身が管理することが可能となります。

SYNCHAINのお問い合わせ