SYNCHAIN

ホーム » Service » SYNCHAIN

SYNCHAIN

SYNCHAINの概要

SYNCHAINは、既存のブロックチェーンよりもセキュリティを強化し、金融業界や物流業界に最適なシステムを構築することができる新しいブロックチェーンです。
既存のブロックチェーンの課題の殆どを解決することができているため、より強固で安心できるシステムを開発することができます。

SYNCHAINの3つの特徴

ハッキングを防ぐ十分なセキュリティ対策

SYNCHAINは、完全暗号と多重暗号通信を採用しているため、従来のブロックチェーンよりも強固なセキュリティを実現することができています。
 そのため、量子コンピュータでも解析できない暗号があり、中間者攻撃を防ぐ事ができます。

低コストを実現

IPFSの分散型ストレージを安全かつ効率的に併用しブロックチェーンノードを構成することで、サーバー費用を抑え、低コストでブロックチェーンのアプリケーションを開発することができます。これにより、データ容量が膨大になるアプリケーションでの処理であっても、持続可能な形で管理、運用することが可能になります。

AIのスクレイピングにも対応

AIのスクレイピングに対して、可または不可を選択することができます。AIは許可なく情報を収集するため、拒否することができません。SYNCHAINを基盤としたサービスであれば、AIのスクレイピングに対して、拒否をすることができます。

SYNCHAINの活用シーン

物流システム

画像、動画投稿システム

STO

ECサイト

SYNCHAINの事例紹介

ケニアSTOシステム開発

STOのシステム開発

コンサルティング、システム設計、システム開発、運営サポート

ケニアで初となるSecurity Token Offertingのシステム開発を受注しました。
独自のブロックチェーンを活用して、改ざんや高セキュアな環境で使うことができるシステムを開発しています。

東京医科歯科大

医療向けアンケートシステム開発支援

アンケートのデジタル化、改ざんされない仕組み、秘匿性を担保

コンサルティング、システム設計、システム開発、運営サポート

アンケート収集は従来、紙で実施していました。この度、クライアントからオンラインでアンケートを収集したいという要望がありました。
特に改ざんされない仕組みと秘匿性を求められたため、ブロックチェーンを利用したアンケートシステムを提案し開発。
これまで数回のアンケートを実施し、いずれもクライアントの評価は高いです。

CPAC

ブロックチェーン投票システム開発支援

投票の集計の自動化、改ざんされない仕組み、秘匿性を担保

コンサルティング、システム設計、システム開発、運営、評価分析

海外で導入が進んでいるオンライン投票システムの開発支援
セキュリティが要求され、秘匿性が求められる要件だったため、当社のブロックチェーン「SYNCHAIN」を使いシステム開発
数回のシステムテストで評価を得て、継続的に利用されている

株式会社MIARE
ダイヤモンドトレーサビリティシステム開発運用支援

トレーサビリティの専入、改ざんされない仕組み

コンサルティング、システム設計、システム開発、運営サポート

ダイヤモンドのトレーサビリティを導入したいという要望があり、特にダイヤモンドの真贋証明できるシステムの開発依頼があったため、SYNCHAINを使いトレーサビリティシステムの開発を実施